オークション用の画像を保存する

オークション用の写真を保存するのは、ホームページなどのWEB用に保存するのと同じだ。保存のファイル形式はJPEG(じぇーぺぐ)。JPEG形式はファイルを小さくする(圧縮)できるのが特徴だ。圧縮するとファイルが軽くなり、スムーズに表示されるが、反面写真の綺麗さ(画質)が悪くなる。見た目に無理の無い程度でできるだけ軽くするのがよいだろう。

少し辛口だけど、もしあなたがADSLや光ファイバーで重い画像がさくっと表示される環境にあると、いままだISDNなど遅い回線の方の気持ちがわからないかもしれない。でもあなたのページを閲覧している方がみんなよい環境にいるとは限らないので、どのような方であっても気持ちよくあなたのページを閲覧できることを念頭におきましょう。

Web用に保存

「ファイル」メニュー→「Web用に保存」をクリック

Web用に保存の手順

画面右上の設定の部分で操作をする。

左側の写真が元の写真、右側が圧縮した写真だ。左右を見比べて、どの程度圧縮させるのか決めよう。

右側の写真の下には、ファイルのサイズと通信速度とダウンロード時間(ファイルが表示される時間)が表示されるので参考にしよう。 右クリックすると通信速度を変更できるぞ。



写真タイプなのでJEPGにする

画質のをクリックし、表示されたスライダーを動かしどのぐらい圧縮するか決める。

例の写真の場合、画質56(やや高画質)で約28kbにしてみた。28kだと、今時の回線速度だと1秒も掛からず表示するだろう。

OKボタンをクリック

保存先を決める。

保存先は画面上側の「保存する場所」から選ぶか、マイピクチャなら画面左横から「マイドキュメント」→「マイピクチャ」などと辿ろう。

ファイル名をつける

ファイル名は必ず半角英数でつける。日本語入力をOFFにして入力するのが確実でしょう。

保存ボタンをクリック

ぶらっと後書き

美しさをどのぐらいにするかは個人のさじ加減だ。個人勝手な話だけど、閲覧用の写真だと必ず30kb以下にする。長年染み付いたクセだ。ファイルサイズというのは、写真の縦横幅が多ければ大きくなる、画質(美しさ)を良くすれば大きくなるので、ファイルサイズが大きくなってしまう場合は、縦横幅を小さくするなど柔軟に対応しよう。

ところで同じ画像を同じファイルサイズに圧縮するのにソフトが違えば美しさがちがう。昔Windows付属のフォトエディターとPhotoshopとくらべたら俄然Photoshopの方が美しくて関心したものです。なんでも構わないという訳ではなさそうです。やっぱ良いソフトを使いましょうね(^^)

前のページへ トップへ
Written by Estudio Yasuya
2004 Estudio Yasuya All Rights Reserverd.