ファイルの表示を切り替える

デジカメで撮影した写真やPhotoshop Elementsで作成した作品などのファイルを参照する方法を切り替える方法。画像をさらに大きく閲覧したい時は、ダブルクリックすると、XPでは「画像とFAXビューワ」が起動し、MEや2000ではフォトエディターが起動し閲覧できる。

表示

ツールバーの「表示」ボタンをクリック

色々な表示

表示された一覧から目的の表示方法をクリック。

※XP以前には「写真」の項目はない。写真を大きいサイズで次々閲覧したい場合は、専用のソフトを使った方がいい。デジカメのオマケについている場合もある。やすぴのお勧めは、98時代から愛用している無料ソフトの「IrfanView 日本語版」が便利。

表示の種類

写真

写真

写真一枚ずつ大きく表示。XPからの新しい表示方法。

画面下側の小さく表示している写真をクリックして選択すると、上側に大きく表示する。

で順番に見ていくこともできる。

はカメラを縦向きに撮影した写真を正しい向きにしたい時に回転させるボタンだ。回転はファイルそのものを回転させてしまう。そのため画質を落とすので、画質に拘るなら回転は厳禁だ。

縮小版(縮小表示)

縮小版

画像を小さく表示。MEや2000では「縮小表示」。

一度に沢山の画像ファイルを一覧できて便利な表示だ。

並べて表示

並べて表示

「ファイル名」と「ファイルサイズ」と「種類」

アイコン

アイコン

デスクトップなどのアイコン風。「ファイル名」のみ。

一覧

一覧

どんどん小さくなって、ファイル名重視で、もっとも愛想のないタイプ。

詳細

一覧表示の加えて「ファイル名」「サイズ」「種類」「更新日時」なども表示する。

ファイル管理には便利なタイプだ。「表示」メニューの「詳細表示の設定」で表示させる種類を変える事ができる。

トップへ
Written by Estudio Yasuya
2004 Estudio Yasuya All Rights Reserverd.