写真をL判にふちなし印刷

デジカメで撮影した写真を印刷してみよう。上手に印刷をするには、プリントプレビューから印刷の設定をし、配置やサイズなど確認し、プリンターのプロパティで用紙に合った画質にしよう。使用している写真は600万画素クラスの写真だ。

プリントプレビュー

プリントプレビューで印刷の仕上がりを確認しながら印刷をしよう。

「ファイルメニュー」→「プリントプレビュー」をクリック。
※ツールバーの「プリントプレビュー」ボタンをクリックでもOK。

プリントプレビューが表示

左側のプレビュー画面を見よう。とくに何もしていなければ、用紙はA4。

まず、用紙設定をしよう。
用紙設定ボタンをクリックだ。

用紙サイズと印刷の向きを決める

「用紙」の「サイズ」のをクリックして、一覧から「L判」をクリックしよう。

「印刷の向き」を「横」にチェックを入れる。

次にプリンタの設定をする

「プリンタの設定」ボタンをクリック。

プリンタの設定

「プリンターのプロパティ」をクリック

プリンターの設定は必ず忘れないようにしよう。

画質をきめる

ここからはプリンターのメーカーや機種によって表示内容がちがう。例はEPSON PX-G900」の例だ。


印刷の綺麗さは、まず「用紙の種類」を選ぶ。
写真を印刷するならいい用紙を購入しよう。しかしいい用紙を購入してもプリンターの設定の「用紙の種類」が「普通紙」のままだと意味がない。忘れず設定しよう。
設定内容は購入した用紙に説明書きがあるはずだ。参照しよう。

「基本設定」タブの「用紙の種類」を「EPSON写真用紙」にする。

念入りに「高詳細」にしてみた。

フチなし印刷の設定

フチなし印刷の設定

プリンターによってはフチなし印刷ができないものもある。フチなしの設定をする場所がないのだ。残念だけどフチなし印刷をあきらめましょう。
フチあり印刷をする場合にはの作業は必要ないのでへ進もう。

「用紙設定」の「四辺フチなし」にチェックを入れる。

ついでに「用紙サイズ」「印刷方向」が先に設定したとおりになっているか確認しよう。

できたらOKボタンをクリック

さらにOKボタンを2回クリックして、印刷プレビュー画面に戻ろう。

再びプリントプレビュー

プリントプレビュー

用紙設定はL判で横向き、印刷の画質の設定もできた。

しかし、プレビューを見ると、写真が大きいままだ。

メディアサイズに合わせて拡大・縮小

まず、「メディアサイズに合わせて拡大・縮小」にチェックを入れよう。
お手軽にサイズを合わせてくれる、とても便利な機能だ。

でも、よく見ると上下に余白ができてしまっている。

余白をなくすには、余白のある側(例では「高さ」)を用紙のサイズと一致させるといい。

L判のサイズは89mm×127mmだ。
「高さ」に「89」と入力しよう。

ぴったりできたら、「プリント」ボタンをクリック

「印刷部数」の「部数」で、印刷枚数を指定しよう。

1枚でいいならそのまま。複数枚ならボタンの上側をクリックして増やそう。

OKボタンをクリック。

これで印刷が始まる。

Written by Estudio Yasuya
2004 Estudio Yasuya All Rights Reserverd.