XPの機能を使って写真をメールに添付する 1

XPから写真をメールに添付する機能が便利になった。
まずメールに添付する注意点。「受け取る相手のことを考えて添付しよう」・・デジカメの写真はとてもファイルサイズが大きい。大きいものをそのまま添付すると、大きすぎて送れない場合がある。通信速度が遅いと送受信に時間がかかる。受け取った相手が不慣れだと、受け取った写真の一部しか見えずどうしたら閲覧すればいいのか解らないなど色々困ってしまう。そのためにデジカメの写真のサイズを小さく・軽くして送ってあげるとよい。XPには簡単にサイズを小さく軽くして添付する機能が追加されたので紹介しよう。

小さく軽くすると、印刷に適さない写真になってしまう。受け取る相手が自分で印刷したい場合、写真を小さくしない方がいい。そんな時は、ネット上のフォトアルバムサービスを利用するといい。

印刷する写真を選ぶ

印刷したい写真を閲覧します。

閲覧の方法は「パソコンに取込んだ写真を閲覧する」を参照

添付したい写真をクリックして選択する。

画面左側の「ファイルをフォルダのタスク」から「このファイルを電子メールで送信する」をクリック。

電子メール経由でのメッセージの送信

電子メール経由でのメッセージの送信

「イメージを小さくする」にチェックをいれます。

※携帯の壁紙など、すでにサイズを整えた画像を送る場合は「元のサイズを維持する」にチェックを入れ、次は飛ばそう。

詳細オプションの表示をクリック

写真のサイズを最も小さいタイプにします。

「小(640×480 ウィンドウに合う)」にチェックを入れます。

OKボタンをクリック

メールソフトが起動

自動的に写真を添付したメールの作成された。

相手の宛先入力

件名も内容にあった件名に変更しよう。

本文を書こう。
写真を添付していることを本文の中に必ず書き添えましょう。

送信ボタンをクリック

送信され完了だ。
「電子メールメッセージを送信すると、[送受信]コマンドを実行するまで、[送信トレイ]に置かれます。」と表示が出た場合、次を参照しよう

トップへ 次のページへ
Written by Estudio Yasuya
2004 Estudio Yasuya All Rights Reserverd.